レビューの最近のブログ記事

MDR-1000Xで聴く

| コメント(0) | トラックバック(0)
artist_02_xl.jpgのサムネール画像



久々のヘッドフォンです。実はZENNHEISERのヘッドフォン(HD598)とイヤフォン(IE60)を愛用してる僕にとってSONYはあまり相性の良くないメーカーで以前MDR-1RBTを購入してあまり使ってない的な。Bluetoothって充電しなきゃならんし、しかもMDR-1000Xはノイズキャンセリング搭載で音的にもどぉなんだろうと疑ってかかってました。ぶっちゃけJUJUさんの宣伝で購入でありますw


たまたま発売から3日でヨドに寄ったら視聴できたので、どれどれ程度で未発表のJUJUさんの曲を視聴で完敗であります。何が良かったってノイズキャンセリングの威力がすごくて、これならBOSEに負けてないんじゃないかな。だから夜中にウフフなの見てる時は気をつけろ!誰か部屋に入って来ても気づかんw で、ノイズキャンセリングをオフにすると音痩せするんでオンでデフォなんでしょうな。


うたい文句のハイレゾ級ワイヤレスってのがあんま意味わからん。ハイレゾって結構曖昧な定義なのものをハイレゾ級...。変な話2〜3万のハイレゾ対応ってのより10万の非ハイレゾ対応の方が音が良いんぢゃね?各メーカー色んなチューニングを施してるわけですが基本的にはフラットなものが良いと思います。そう言う意味では聴きづらいところがあるわけでもなくまぁまぁなんぢゃないかと。


若干重さと締め付けが気になりますが愛用のやつが超軽いのと形がジャストフィットなんでメガネしたままでこれくらいなら良しとしましょー。


まとめ的にはオススメできるヘッドフォンだと思います。値段以外は...。そのついでにウォークマンにするのも悪くないかなと。iPhoneはイングレスの事情で音飛んだり悲惨な状況でiPodで聞いてるのですが如何せんアップデートも終了しかも使いづらい事山の如しなんで。


で、何がマズイってHD598の後継機がもぉすぐ出るそぉじゃないですか!しかも色も引き継いでプリン色で!はぁ〜しばらく落ち着いていたんだけどヘッドフォン沼に沈みそぉ...。


おっと写真忘れてた、ゲームついでに行った江差のかもめ島灯台です。小さい頃に旅行でよくおとんに連れてってもらいましたが上まで登ったの初めてでパシャりであります。


2016_11_01_df.jpg





ではまた。




2015_01_03_dp2Quattro.jpg



全国的にお正月ですね。なのになぜか僕は明日から仕事なんですよ!社会復帰に向けたリハビリをする間もなく業務です。そんなかわいそぉな僕にお年玉下さい。それがダメならクリスマスプレゼントもまだ受けつけています。

さて、クリスマスに発売されたSIGMAの変態覗き穴 LCD VIEW FINDER LVF-01を前回のエントリーどおり購入してみました。ただでさえ変態カメラなのに、この変態覗き穴を装着するとご覧のとおりです。


img01_772.jpg


写真の真ん中から下が覗き穴本体です。これを使うと晴天下などで見づらい液晶画面が覆われているので見やすくなるのと同時にレンズが内蔵されているので大きく見えます。もぉ既に小型のデジタル一眼レフ並の体積になっているんぢゃないかと思われます。コンパクトカメラの部類ですけどSIGMAのカメラってじっくり撮るものだと思うので、これで更にじっくり感がました的な・・・。

ちなみに液晶画面がレンズで拡大されますので液晶の粗が目立ちます。そしてこんなん持って住宅街徘徊した日にゃ確実に通報されます。飛行機でCAに発見されたら『機長!大変です!』ってテロ認定されて空港に引き返すと思われますので使用の際には気を付けて下さい。こんなんで3万弱出す価値を見いだされた方は購入してみていただきたいなと思います。

1番の問題は今までカメラバッグに3台入れてたのがこいつのおかげで1台しか入らなくなった事だなw




ではまた。



2014_07_04_1_dp2Quattro.jpg



まったくdp2 Quattroの特性を見抜けないままモノクロ現像であります。今は撮って撮りまくって自分なりに納得する設定(本体側)と現像のコツ(SPP側)をつかむしかありません。シグマーの方々では『青春18きっぷ問題』ってのが勃発しているようです。ググればすぐわかります。なんでも均一な照度下において、ある特定の色と色の間に発生する著しい解像度の低下と言うことらしいです。僕もその画像見ましたけど、あーそぉなんだ的なw



2014_07_04_2_dp2Quatrro.jpg



それよか、カラーはまだ良いとして僕の問題はモノクロ現像が上手くでけんのがなんとも...Merrillの時と何が違うってのも上手く説明できないんだけれども、トーンコントロールをOFFにして少しだけ自分が望んでいるものに近づいた様な気がします。要するに黒く潰れたものは潰れたままでいんぢゃね?って事です。



比較するのは他に任せるとか言っておいてなんだけど、ちょっと比較。いくらMerrillの設定と現像に慣れていても、自分好みの画像が簡単に出せちゃうと、むむぅ〜って感じだよね。
↓これだけDP2 Merrillの画像。
2014_06_29_DP2Merrill.jpgのサムネール画像



どぉだろう?被写体が違うだろ!はぃ、その通りですwでも、これ室内の撮影でそんなに光の加減は良くないんですよね。ふぅーむ...Quattroで納得する画像を出すには、まだまだ先が長そうです。Merrillをモノクロ専用機にするってのもありっちゃーありだけども。





ではまた。




2014_07_01_1_DP2Quattro.jpg



さてさて、既に発売日から作例やらファーストインプレッション的な記事が出回ってますが、僕なりにSIGMA dp2 Quattroのとりあえず撮ってきた的なものをアップしますですのでお付き合い下さいませ。
まずは画質の感想から申しますとMerrillのセンサーに比べて黒っぽさと言うか重さがなくなりました。迫力のある写真を求めるならMerrillの方に分あるかなと。これはもぉ好みの問題になってくると思います。色の再現性はMerrillより良くなってるかな?Merrillより前の世代のセンサーから使ってる僕としては段々と実際の色に近くなってきてるのかなとw 初めてMerrillのセンサー使った時にちょっと物足りなさを感じた感覚に似ています。



2014_07_01_2_DP2Quattro.jpg



解像度も等倍で見る限りMerrillの方が解像しているように思います。画素数の差なんでしょうか、まぁ写真はブログサイズでアップするのがメインの僕にとっては、ほとんど無問題ですけどね。



2014_07_01_3_DP2Quattro.jpg



画質に関してはRAW現像の慣れの部分もあると思いますので、このへんで。操作性、カメラとしての使いやすさに関しては、これはもぉ圧倒的にQuattroでしょう。今まではWBを晴れ固定で撮ってましたけど、AWBで良いかなと。AFも前はズニョ〜〜〜ン...ピッって感じでしたけどヌルヌルピッって感じで合います。上面ダイヤルが2つになったのも良いね。未だに露出補正する時に癖で左右のキー叩くけどwこれも慣れの問題かなと。



2014_07_01_4_DP2Quattro.jpg




バッテリの持ちは今回が初使用と言う事もあってMerrillとあんま変わらなかったけど、Merrillの時も数回使用すると持ちが良くなったので前よりは撮れるような気がします。ちなみに僕は同梱の2個とプラスで1個で様子見です。液晶画面はスペックは同じなのにすごく綺麗に見えますよ、相変わらず晴天の時には役に立たないけどwあっ、そぉそぉ撮ってからの書き込み時間は体感で半分くらいになったように感じます(あくまで体感で)僕はMerrillでサンディスク95MB/sを使っていましたがそれより格下の80MB/sです。あるユーザーの報告によるとサンディスクextreme proの280MB/sより95MB/sの若干速かったって言うのも見かけていますので90MB/s前後あれば十分ぢゃないかと思われますです。てか、僕的に280MB/sのあの値段には手が出んわw




2014_07_01_5_DP2Quattro.jpg



あと、手ブレはボディが幅広で固定しやすくなった分ある程度は低速シャッターでもいけるし、感度も400なら使える範囲なのではないかなと。Merrillになった時にモノクロ400使えるみたいな事言ってるの多く見かけましたけど、個人的には線が溶け出してるのが気になって1度もアップした事ないです。でもQuattroなら許容範囲になっています。それでも今日アップしたのは100or200だけどw


っと、まぁこんな感じでQuattroの初撮りを終えた訳ですけど、MerrillとQuattroどっち使うと言われれば僕はQuattro使います。だって使いやすいもんw純正現像ソフトSPPについては気が向いたら書くかも。速くなったのはプレビュー速度くらい...まぁお酒飲みながら現像している僕にはさほど問題でもないねw


色々比べてはあーだこーだ言われますけど、新しいカメラはテンション上がるよね!って事でこれからいっぱいアップしていきたいと思います。





ではまた。




2013_11_22_1.jpg


新しいカテゴリーの追加です。Ricoh GR...。GRD2→GRD4→GRという流れ。こないだから悩んでたんですけど、僕的に使うのは単焦点って事なのでしょう。これでα7シリーズにどんどこツァイスの単焦点レンズが出てくればまた考えれば良いかなと。

もぉ発売されてから丁度半年くらい経っていますので散々言われてますけど、この新しいGRは今までのGRDと画質的には別物ですね。


2013_11_22_2.jpg


センサーサイズが大きくなった分、高感度に対してもかなりの耐性があるように思います。って、買ってすぐに箱開けて使って検証している訳ではありませんwえ?充電はどぉしたって?ふふふ、DP Merrillとバッテリ同じなんですよ。なので有り余るほどのバッテリがあると言う訳です。


2013_11_22_3.jpg


これでGR、DP2 Merrill、DP3 Merrillとほぼ普段使う画角は揃ったのでありまする。ちなみに購入する時に一番悩んだのがα7ぢゃなくてPanasonicのLUMIX GMと悩みました。なんぢゃそりゃって感じなんですけど、これに単焦点キットがあればそっちいってたかも知れません。


2013_11_22_4.jpg


AFに関しては暗いところでは結構迷いますね。思いっきりボケボケですが夜のノーファインダで感じ良く撮れればそれで良いです。


2013_11_22_5.jpg



なんにせよ、スナップシューターにとっては最高の武器なのでは?と思います。やっぱりオッ!っと思った時に画面なんか見ないでノーファインダでざっくり撮るのがとっても楽しいカメラGRなのであります。



ではまた。




Monsterのヘッドフォン『Inspiration』購入してから半年経って馴染んだところでざっくりと感想を。その前に正式な型番Monster MH INS OE TI NC CUAって長すぎるだろw

monsterinspiration.jpg



2012_06_01.jpg
(画像はSennheiser公式サイトより)


前々からものすごーーーく気になっていたヘッドフォンを購入♫巷のオーディオマニアの人達で言われるSennheiserのプリンです。この色合いまさにプリンですな。写真よりも実際手に取ってみると、もっとプリンです。

 基本性能はこんな感じです。
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------
 型式 : ダイナミック・オープン型
 周波数特性 : 12~38,500Hz
 インピーダンス : 50Ω
 音圧レベル : 112dB
 質量 : 約246g
 接続ケーブル : ケーブル長3.0m(片だし)、6.3mmステレオ標準プラグ
 付属品 : 3.5mm変換アダプター
 その他の機能 : E.A.R.機構
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------


ここから個人的レビュー

外観:現行製品でこんな色合いのヘッドフォンは見当たらないプリン色。意外とカワイイんぢゃないかとw女の子が使うとこんな感じ http://kanower-audio.iza.ne.jp/blog/entry/2640758/ まぁ僕のようなおっさんがかぶっても、ただのおっさんのままです。昔から黒が主流ですが最近では白とか赤とか増えてきましたね。


装着感:僕が今まで使ってきたヘッドフォンの中では長時間使っても1番疲れないと言うか痛くならない。SONY,audio-technica,Boseなど色々使ってきたけれど大抵はヘッドフォン専用メガネ(昔の999.9を愛用)をかけないと、こめかみが痛ひ(;_;)これは普通にメガネかけた状態でも全然イケます。頭のでかさにもよりますがw


価格:そこまでマニアでない層にとっては重要なポイントです。ヨド価格で2万円くらい。どぉでしょう、長く使うつもりならそんな高くなんぢゃないかなぁと。シリーズ的にはHD598の上に2機種あって、ひとつ上のHD650は倍の値段・・・一応念のため試聴したけど装着感、音質的にもHD598の方が好み、値段も好みwんで、フラッグシップのHD800は怖くて試聴できないw別次元の音がするのかもしれませんが、お値段も別次元の16万円。さぁーどれを選ぶ?比べない方が幸せになれると思います。そいや、もうじき650と800の中間のモデル700ってのが近々出るようですね。


音漏れ:はぃ、オープン・エアー型だけあって普通に駄々漏れです。外側にも普通に鳴ってます。世の中の野郎ども!夜中のムフフ♥タイムには決して使ってはいけません!


音質:他の方のレビュー見ると低音が効いてってのをよく見かけますが、そんなんでもないんぢゃないかなぁ。結構フラットな感じで変に加工されてる感じはしないので長時間聴くのには最適だと思います。インナーイヤーとか密閉式のヘッドフォン使ってる人が聴いたらちょっと物足りないかも?まぁあれですね、ロック系、ヒップホップ系でアクティブにがっつんがっつん聴くヘッドフォンではないです。のんびりまったり、透きとおるようなボーカル物なんかで聴いて欲しいですね。こもった感がイヤな人にもお薦めです。


今は安物のヘッドフォンアンプで聴いてるので、ただいま良さげなの物色中です♫MacからUSB出力でこれだ!ってのありませんかね?




ではまた。



2012_01_23_1.jpg
Ricoh GRD IV F2.2 ISO250 SS1/32

夜も安心サイドギャザー付きカメラGRD IVになりつつあります。夜行性の僕として絶対手放せないカメラでございます。

さて、Sennheiser IE60を購入してきました。今までmonsterのMH BEATS IE(Beats by dr.dre)を使っていましたが家で使って外に持っていくのにいちいちMacから外して持っていくのが面倒くさいという理由での購入w
Sennheiser IE60
M000054687410002.jpg
monster MH BEATS IE(Beats by dr.dre)

Sennheiserはその昔、音響業者に居た頃にドラムの音とるのにマイクでよく使っていたし、monsterはギター弾いてた頃に訳もわからず音良くなるとかいってケーブルで使っていてどっちも思い入れのあるメーカです。

ん〜しかしここまで音質に違いがあるとはw僕が思うにカメラもそぉですけど要するに好みの問題なんです。明らかに音的にはIE60の方が良いです。ただ高音質=疲れるw集中して音楽聴くには最適です。monsterの方は低音である程度高音がマスクされてる感じで疲れないです。ながら聴きには丁度良い感じでしょうか。ちなみにケーブルのタッチノイズ、外部からの音の進入はIE60の方が少ないです。monsterのケーブルは平打ちのうどんみたいですから...耐久性は間違いなくmonsterでしょうけど。なんでもmonsterとBeats by Dr. Dreがパートナー契約解消らしいので夏までにはなんとかヘッドフォン購入したいです。

札ヨドで試聴コーナーに無いやつを眺めてたら店員さんが試聴してもイイですよって言うんでラッキーとばかり色々聴き比べました。とりあえずSennheiser IE8とIE60。これね、実は一昔前のフラッグシップIE8の方がイイ!ただ値下がりしてても値段もイイ!IE8の後継機IE80は怖くて聴けませんでしたw気に入ってまったら35,000円の大出費なんで...。次にmonsterのMH TRB IE Turbineですがこれは持っている一昔前のMH BEATS IEの方が好み。残念ながら札ヨドには最上位のMH MLD-T IE CT(Miles Davis Trumpet)は置いてないので音質的にもお財布的にもSennheiser IE60の購入と言うわけです。

2012_01_23_2.jpg
Ricoh GRD IV F2.2 ISO351 SS1/32

今日はSAPPORO Factoryでお買い物♫ビクトリノックスのお店があるなんて知らなかったなぁ、また行ってみよっと♫



ではまた。




      

PHILIPSを試す。

| コメント(0) | トラックバック(0)
2012_01_03.jpg
SIGMA SD15

え〜全国的にお正月ですな、僕は明日から仕事ですけど・・・(-_-;)早すぎるっ!まだ昼に起きて雑煮食べててもおかしくないぢゃないですか。

写真の方はと言いますと、、、はぁ〜〜〜るばる来たぜ函館ぇ〜!・・・まぁ遥々来たって言うか5時間もあれば行けるんですけどね。にしても久しぶりの函館です。撮影目的で行って実質運転が7割、飲みが2割、撮影が1割!どぉだすごいだろ!wなんぼか撮ってきたんで後々アップしていきます。ちなみに旅行までに17-50mm F2.8が間に合わなくてキットレンズですが光があればフォベオン中々いいぢゃねーか←自画自賛。

さて、タイトル『PHILIPSを試す。』と聞いてデジタルもの好きの僕のやらかす事からいくとヘッドフォンかドッキングスピーカ買いやがったなこいつと思ってませんか?いやいや、ヒゲソリです!シェーバーです!

2012_01_03_1.jpg

僕のヒゲソリ人生はBraunに始まりBraunに終わると思われていましたが、ちょっと浮気してみました。店頭で見た時はこんなんで剃れんのか?って感じでしたけど、PHIRIPSはヨドでは軒並み売り切れ続出・・・Braunは軒並み在庫あり。なんかこの時点で火が点きましたね←なんのだよwそして近所の某家電量販店で普通にゲット!w

さっそく剃ってみました。なんだこれ・・・スゴ過ぎる!ちょっとありえないソリ心地ですわ(*´Д`*)最近ヒゲを剃るのがひじょーーーに面倒だったんですがこれはヒゲを剃るのが楽しい!

2012_01_03_2.jpg

3D機構と言うだけあって首はもちろん3つの刃の部分も独立してグニグニ動きます。説明書を読むと円を描くように動かせと。こんなんのあてられてブィーンされたらそっこーでイッちゃいますよね。どぉせ買うなら2Dのより3Dの方を断然お勧めします!2Dの使った事ないけど。しかしシェーバー売り場見て思った、3枚刃ですげえとか思ってたけど今や5枚刃とか出てるんですな。フフフ、これは3枚刃だが3枚刃×3ヘッド=9枚刃なんだぜ。

ん〜GRD4のF1.9+手ブレ補正+マクロは手持ちで物撮りわりといけるな。あとは机周りを整理するだけwてか、こんな事に使ってて良いんでしょうか。



ではまた。



2011_12_13_1.jpg
Ricoh GRD4

前々から言っていたとおりGRD4とX10で迷って3年。やっぱりGRD4を購入しました。いちおGRDユーザーズグループ北海道のメンバーですしw X10は次回に←おいおいw 2世代前のGRD2を愛用していましたが流石に年月が経つと違うねぇ。なんと言ってもAFのスピード!誰ですか?略した英語をとんでもない解釈してる人は。いきなりズボッ!とピンきますね。素晴らしい!あとは手ブラ補正ですね、興奮モノです。3からはF1.9になりまして、GRD4の手ブレ補正と相まって薄暗い夕暮れ時でも撮れちゃいます♫

2011_12_13_2.jpg
Ricoh GRD4

GRD2だとこんな感じの写真は絞り開放でもかなりISO上げてノイズまみれでしたがF1.9+手ブレ補正でISO200以下で撮れます。いちいちISO上げてとか無駄な事考えないでサクッとイケるととこがイイ!ただ言わせてもらえばGRD4からのメニューの周りのボタン関係切れ目が無くなって一体化してるのがいただけない!ちょっと押しづらいですねこれ・・・。カッターで切れ目入れちゃうかw
po4_p9.jpg po4_p03.jpg
これですねぇ今までのと違ってメニューボタンの周りのボタンが一体化してカチカチ感がないんですよ。なんかヌメヌメいっちゃってるんです。まぁ1度MYセッティングとFnを設定してしまえばそんなにいじる事ないのでいっちゃぁいいが、個人的には前の方が良かったです。

そして最大の過ちは・・・WHITE EDITIONを買っちまった事だ!w(自分の過ち)黒ならバレなかったのに(-_-;)おまけにヘビースモーカーの僕ならヤニで半年でクリームエディション、1年後にはイエローエディションになっている事でしょう。僕のGRD4見るなら今が旬です。

Ricoh GRD4

ちなみに純正レンズキャップは付けない事にしました。付けてるとゴミも入らないし、電源も入らないようになっていますが、撮りたい時にひねって外すのがめんどいのとリング外すと接点が剥き出しになってしまいますので。

個人的にはかなり良い買い物したと思ってます。白の質感も良いですし、グリップも交換できるらしいのでそのうち。僕のようにGRD2からなら間違いなく買いです!



ではまた。


ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ